エラーメッセージ

  • User warning: The following module is missing from the file system: jquery_update. For information about how to fix this, see the documentation page. in _drupal_trigger_error_with_delayed_logging() (line 1156 of /home/kintaro/kintarocells.com/old/includes/bootstrap.inc).
  • User warning: The following module is missing from the file system: responsive_menus. For information about how to fix this, see the documentation page. in _drupal_trigger_error_with_delayed_logging() (line 1156 of /home/kintaro/kintarocells.com/old/includes/bootstrap.inc).

アンチエイジング療法

幹細胞を使った治療は、疾患に限らず美容アンチエイジングを目的とした利用にも範囲は及んでいる。

 

幹細胞は身体の臓器や組織を作るもとになる細胞である。

胎児や子供の身体には、この幹細胞はたくさん存在する。成人でも、骨髄、消化管、皮膚などに幹細胞が存在することは知られている。しかし最近の研究では、ほかの臓器にも幹細胞が温存されていることが明らかになってきた。

つまり、臓器や組織が傷つきその細胞が死んでも、幹細胞がその臓器、組織の細胞になることによって、ある程度の修復はされるのです。

 

幹細胞には、2つの特徴があります。

 

- 幹細胞自身を複製する能力を持つ(自己複製能)
- 様々な種類の細胞に分化する(多分化能)

 

こんな便利な細胞が身体にたくさんあれば病気・老化せずに生きることができるが、年齢とともに、体内にある幹細胞は減少している。だからこそ、幹細胞を外から体内に注入したら再生効果になる。

 

なぜ老化するのか

 

老化とともに、細胞が少なくなり、細胞分裂が盛んでなくなる。

 

例えば、細菌類(これも細胞でできている)は条件(環境)が整えば分裂を繰り返し、無限に増殖していく。しかし、人間の細胞は無限に分裂するわけではない。分裂回数は決まっているようである。現在有力な説は、テロメア説である。

 

テロメアとは、染色体の端にある配列で、細胞分裂の鍵を握っている。人間の細胞は、生活において日々傷つき、細胞分裂によって補われているが、最終的には、分裂できなくなるというものである。

Japan

T: +81-3-6403-9242
​T: +81-80-1295-3888

Headoffice@CellsPower.com

Vietnam

T: +8496-323-2022
T: +82432272744

Vietnam@cellspower.com

Thailand

T: +66 61-553-6615

Thailand@cellspower.com

Europe, Russia, CIS Branch

T: +7 985 760 45 17

europe@cellspower.com

Singapore

T: +65 97579569

Singapore@cellspower.com

Malaysia

T: +60 32 716 7235

Mobile: +60 16 320 7572

Malaysia@cellspower.com

United Arab Emirates Branch

T: +971504697120

UAE@cellspower.com

Cambodia Branch

T: +855-312-357-387

Cambodia@cellspower.com

Hong Kong Branch

T: +852 9057 3215

‎hongkong@cellspower.com